荷物が落下しないように、きちんと段ボールを組み立てよう

一般的な引っ越し用の段ボールを基準に、組み立て方を説明していきます。

 

段ボールの組み立て方を説明する女性

 

1まずは上下を確認します。一般的な段ボール必ず上下が分かるようになっていて、荷物を運ぶ際の基準になっています。なので、これを間違えると荷物をひっくり返される可能性があります。

 

2上下を確認したら、まずは下部分を閉じます。止めるテープは、滑りにくいガムテープを使用するのがベストです。しかし、ガムテープがない場合は紙テープでも十分です。ただし、止め方に注意しましょう。
最初に中央に一本、隙間を閉じるように止めます。その際、段ボールを膝で挟んで隙間がなくなるようにして止めると、持ち上げた時に真ん中部分が膨らんだりしないため安定して運びやすくなります。

 

3次に端を止めます。この際、ガムテープの場合は端の隙間を閉じるように止めても大丈夫です。しかし、紙テープの場合は端をそのまま止めてしまうと、持ち上げる際に滑って落とす危険があります。なので、端から5〜10センチ程度離したところを止めるようにしましょう。端から離して止めても、強度はさほど変わりません。

 

本などの重い荷物を入れる場合は、さらに斜めにテープを止めます。箱の底にかけ印を作るような形になります。
底を固定したら荷物を入れて、上部分を閉じます。上部分は縦と横に十字架を書くように止めます。
組み立て方を間違えると荷物が落下する可能性があるので、なるべく手抜きせず組み立てましょう。